クレジットカードを発行したい学生の不安を解決します

大学生となりクレジットカードを発行しようと思うと様々な不安にぶつかります。審査には通るだろうか、学生なんかが申し込んで怒られないだろうかなどなどその気持は様々だと思います。私も学生時代に経験したこのような気持ちですね。今回はこれを読んでいる皆さんは少しでも不安を和らげれるように、学生の皆さんが気になっているであろうことについて紹介していきたいと思います。

・年収が少ないけどクレジットカードを作っても大丈夫?
学生時代によく聞く話として年収が少ないという話があります。大丈夫です。年収0円でもクレジットカードが発行されたという実績も私は確認したことがあります。年収0円というの曖昧な話で、アルバイトはいていないものの親からの仕送りは受けているなど実質的には収入があることが多いです。
ただ、どちらにしろ年収0円として申し込んだ場合でも学生向けのクレジットカード発行が優しい「楽天カード」などでは発行される実績があるようです。これは学生本人だけではなく親の信用情報も考慮して審査されているからとも言われていますね。学生は学ぶことが大切ですのでアルバイトを必死にしないとクレジットカードが作れないという訳でもありません。

・どんなクレジットカードを選べばいいの?
次に不安に思われることが多いのは数多くあるクレジットカードの中から何を選べばいいのかということです。これはクレジットカードの利用用途によってかなり変わってくると思います。旅行などが多くクレジットカードを作っておきたい場合には保険などが付帯されているクレジットカードを持つほうが良いでしょう。例えば「三井住友カード」とかが充実していますね。ただこういったクレジットカードは年会費がかかってしまう場合があります。そこで学生専用の「三井住友VISAデビュープラスカード」といった年会費を抑えてサービスは強化されたクレジットカードを選んであげるのが良いでしょう。三井住友カードを使用していれば、大人になってからもクレジットカードの国際ブランドで困ることはそうそう無いですし安心して使えるでしょう。
逆に買い物がメインの利用方法である場合にはポイント還元率が高まるなどのクレジットカードを使うべきです。最近はショッピングモールや家電量販店が提携カードと言われるクレジットカードを多く発行しています。これらのクレジットカードを使えば割引やポイント還元率アップの特典がありますので、利用先が決まっている場合は特典付きのクレジットカードが無いかまずは調べてみると良いでしょう。

■無収入でも学生はクレジットカード審査に通る?

クレジットカードの審査通過には、安定した収入が必要になります。
クレジットカード会社は会員がクレジットカードで支払った分を、まず加盟店に支払わなければなりません。
そしてその後会員に、立て替えた分を返済してもらう形になります。
もし安定した収入がなければ、返済をしてもらえない可能性があります。
そのため安定収入が、クレジットカードの審査通過条件となるのです。

安定収入はアルバイトによるものでも構いません。
アルバイトをしている学生は、クレジットカード審査に通りやすいでしょう。
高額な年収は見込めませんが、ゼロというわけではないのでクレジットカード審査には有利になります。
クレジットカードの申込書にある年収欄には、毎月のアルバイト代×12か月分を記入すればOKです。
クレジットカードの審査で、年収の額をきっちり確認する…ということは行われていません。
だいたいで良く、多少差があっても審査には影響しないでしょう。
しかし審査に通りたいからといって、実際とは大きく離れた年収額を記入するのはだめです。
学生なのにこんなに稼いでいるはずはない!となり、ウソをついているとして審査に落ちてしまいます。

ただすべての学生がアルバイトをしているとは限りません。
勉強や就活に忙しくてアルバイトをしている時間がない…という学生がいてもおかしくはないですよね。
アルバイトをしていない学生は収入がゼロなので、クレジットカード審査に通らないのではないか?との心配が出てきます。
通常だと無職となってしまうのでクレジットカードの審査通過は難しい…となりますが、学生の場合は審査に通過できる可能性があります。
なのでアルバイトをしていないからといって、クレジットカードの取得をあきらめることはないのです。

収入がないのにクレジットカードを発行して、返済はしてもらえるの?と思いますよね。
学生は申込者本人だけでなく親権者も審査の対象となるため、親に問題がなければクレジットカードは発行できるようになっているのです。
もし学生がクレジットカードの返済ができなくなっても、親が変わりに返済をしてくれる可能性があります。
また大学などのに進学させられるのは、親にそれなりの資力があるとも考えられるでしょう。

社会人になると無職でクレジットカードを作るのは非常に難しいです。
無収入でクレジットカードを発行できるのは、学生の特権とも言えるでしょう。
クレジットカードは学生のウチに申込みをしておいた方が良いですね。

■奨学金は学生のクレジットカード審査に影響する?

クレジットカードの申込書には、借入状況を記入する欄があります。
消費者金融や銀行カードローンなどの借入があれば、ここに記入をします。
学生が迷うのは、奨学金が借入に含まれるのか?ということではないでしょうか。
学校に通うのは、非常にお金がかかります。
普通に100万円単位の金額がかかります。
費用の負担を軽減するために、奨学金を利用している学生は多いのではないでしょうか。

クレジットカードの審査では、奨学金は影響しません。
奨学金の借りていても借りていなくても、借入金額が高額でも、学生のクレジットカード審査には関係なのです。
奨学金を借りている学生も、安心してクレジットカードに申込みができるでしょう。

ただ学費の足しにするために、お金を借りているという場合は別です。
消費者金融や銀行カードローンなどから借りて、学費を支払っているという場合は、借入に含まれます。
また教育ローンなどを借りている場合も、借入となります。
こういった借入状況は、個人信用情報に記録されています。
クレジットカードの審査では個人信用情報が開示されますので、もし借入をしているのにしてないと申込をしてもばれてしまいますので気を付けましょう。

学生の奨学金は、在学中はクレジットカード審査には影響はありません。
しかし気を付けたのは卒業後です。
卒業すると給付型ではない限り、借りていた奨学金は返済をしなければなりません。
生活が苦しいので、他にお金を使いたいので…なんて、奨学金の返済が遅れたり、滞納をしてしまうとクレジットカード審査に影響をします。
奨学金の借入状況は、個人信用情報機関に記録されます。
もし返済が滞ってしまうと、未納というマークが付いてしまいます。
そうなると俗にいうブラックリスト扱いとなってしまい、クレジットカード審査に通ることが出来なくなってしまうのです。
クレジットカードだけでなく、各種ローンなども組めなくなりますので注意をしましょう。

実は学生時代の奨学金を返済しないことで、ブラックになってしまうケースは多いのだそうです。
奨学金は親が借りても、借入の名義は学生本人となります。
親が返してくれるので自分は関係ない…と思っていたら、返済がされておらず知らずにブラックになっていたということもあるのだとか。
奨学金は学生にとっては、低金利で借りられるありがたいものです。
しかし甘く見ていると、将来困ることになると忘れないようにしましょう。

■学生のクレジットカード審査は親の承諾が必要?

クレジットカードを作りたいけれど、親に反対されている…と悩む学生がいます。
親に内緒でクレジットカードに申込みをすると、審査に影響はあるのでしょうか。

クレジットカードは18歳以上から申込ができますが、未成年の場合は親の承諾が必要になります。
つまり20歳未満の学生は、親に内緒でクレジットカードに申込みをすることは不可能です。
親の承諾を得られない場合、クレジットカード審査には通ることはありません。
今は学生でもクレジットカードを持っていて当たり前なのですが、古い考えの親だと学生がクレジットカードを使わせたくないとすることもあります。
学生だと使いすぎてしまうのが心配…というわけです。

親の承諾を得られない学生は、20歳になるまでクレジットカードの申込を待つのが良いでしょう。
20歳以上になれば、自分の責任でクレジットカードを持てるようになります。
学生であっても親の承諾は必要ありませんので、親が反対していてもクレジットカード審査に通ることができます。

ただ20歳以上でクレジットカード審査に通ることができるとしても、親が反対してるとトラブルになることもありますので注意しましょう。
実家住まいの学生の場合、クレジットカード会社からの郵送物を家族に見られるかもしれません。
それを見て親に「お前黙ってクレジットカードを作ったのか!」と怒られてしまう恐れがありますね。
一人暮らしの学生ならこのような心配は少ないでしょうが、実家住まいの学生は気を付けた方が良いですね。

また親に内緒でクレジットカードを作っても、支払いが滞ることでばれてしまうこともあります。
学生のクレジットカードの支払いが遅れると、実家に電話がかかってくることがあるためです。
真面目に支払いをしていれば大丈夫ですが、うっかり口座に残高がなくて支払いが遅れてしまった…なんてことはあり得るでしょう。
親にクレジットカードを作ったことだけでなく、支払いが遅れていることもばれてしまうと、厄介なことになりそうですね。

親に内緒でクレジットカードに申込みをするのは、難しいことではないと思います。
しかしばれるかもしれないと思うと、気分的に良くはありません。
それに親に知られてしまい、気まずいことになるのも避けたいです。
20歳以上になれば学生でもクレジットカード審査に通ることはできますが、「クレジットカードを作る」と親には一言伝えておいた方が良いのではないでしょうか。

■クレジットカードの選び方 学生編

学生の皆さんにおすすめ出来るクレジットカードというのは数多くあるのですが、どういったことに注目してクレジットカードを選んでいますか。その選び方は人それぞれあると思い例えば次のようなことに注目してクレジットカードを選んでいるでしょう

・学生専用(学生優待のある)クレジットカードか
・ポイント還元が高いクレジットカードか
・ETCカードの利用は可能なクレジットカードか
・旅行の利用でお得に使えるクレジットカードか

学生の方が注目するポイントとして私がよく耳にするものを挙げてみました。それぞれのポイントがなぜ注目されているのかクレジットカードの内容から紹介していきましょう。
一番初めの学生専用クレジットカードについては、上手く活用すれば特にメリットが多いという事実も徐々に浸透してきていますので入会を検討する人も増えてきたようです。クレジットカード会社各社も学生のうちからメリットを多く打ち出し、社会人になっても引き続きクレジットカードを使ってもらいたいという気持ちが強いようで年会費無料でも非常に質の高いサービスを付帯していることが増えてきています。特にこだわりが無い場合には学生専用クレジットカードが良いかもしれませんね。

続いてのポイント還元率が高いクレジットカードは学生に限らず大人も気になるところです。「楽天カード」のように自社の関連サービスで使用してもらえばポイント還元率が高まるものや大手家電量販店系のクレジットカードのように、本来はクレジットカードではポイント還元率が下がってしまう部分をカバーしてくれるようなものまであります。ここを重視するのは普段から利用する先が決まっている場合だと思いますので、特定の利用先で上手くポイントが貯まるクレジットカードというのも見つかれば積極的に使っていくのが良いでしょう。

また、学生になり車でサークルなどの移動や旅行をする場合に必須なのがETCカードを搭載しておくことですよね。ETCカードの発行にはクレジットカードが必要となりますし、学生が発行できるクレジットカードかつ年会費やETCカード発行費が無料なものが人気となっています。

最後ですが学生向けに旅行などの割引を提供しているクレジットカードも人気となっています。マイルの還元で実質的に安くなるものもあれば、「エポスカード」のように学生向けにの割引を提供しているものもあります。こういった特典も各社大きくことなりますので注目して選ばないといけませんね。