学生におすすめのクレジットカード一覧

■学生でもクレジットカードはおすすめ

高校を卒業したら、クレジットカードを発行するのがおすすめです。
クレジットカードは18歳以上から発行ができますが、高校生は対象外となってしまいます。
晴れて卒業をしたら、問題なくクレジットカードを使えるようになります。

ただ社会人ならまだしも、学生はまだクレジットカードは不要…と思っているケースもあるようです。
まだ親のすねをかじっている学生の身では、クレジットカードは早すぎるという考えは根強くあるためです。
しかしクレジットカードはないより、あった方が良いです。
学生であっても、クレジットカードを持つのがおすすめです。

クレジットカードがなくても、生活していくことはできます。
現金で支払いをすれば良いので、無理にクレジットカードがなくても良いと感じている学生もいるでしょう。

とこがクレジットカードがあると、ネットショッピングをしやすくなります。
Amazonで買い物をしたくても、クレジットカードがないので買えないという経験をしたことがある学生はいませんか?
インターネット決済では、クレジットカードしか対応していないことも少なくはありません。
銀行振込みやコンビニ支払いなどクレジットカード以外の支払い方法があっても、商品代金とは別に手数料が必要になったりわざわざ支払いに行かなければならないといった難点があります。
それに振込支払いだと、入金までに時間がかかります。
ショップは入金を確認してから商品を発送となりますので、購入から届くまでに時間がかかってしまうでしょう。
クレジットカードは購入時点で決済が完了しますので、すぐに商品を発送してもらうことができます。
インターネット決済には、クレジットカードがおすすめなのです。

またクレジットカードがあると、光熱費などの支払いがしやすくなります。
一人暮らしを始める学生もいるかと思いますが、家賃、電気、ガス、水道といった支払いを自分で行う必要が出てきます。
一人暮らしになって「固定費ってこんなにあるの?」と思う学生も多いようです。
現金支払いだと「どこに支払ったっけ?」となりがちで、支払いの管理がしにくくなってしまいます。
支払いをずっと忘れてて滞納していた…なんて危険性もあるでしょう。
そこでおすすめなのがクレジットカードです。
クレジットカードで支払うように設定していれば、支払いを忘れてしまう…なんてことはありません。
支払いの管理がしやすくなるクレジットカードは、一人暮らしの学生にはおすすめです。

■学生は年会費無料クレジットカードがおすすめ

クレジットカードには、年会費がそれぞれ設定されています。
学生におすすめなのは、永年年会費無料クレジットカードです。
年会費の心配をしなくても良く、お金をかけなくてもクレジットカードを持つことができます。
それほどお金に余裕がないので…という学生でも、年会費無料なら持てるでしょう。
学生向けや学生専用のクレジットカードは年会費無料が多く、学生なら積極的に選ぶのがおすすめです。

クレジットカードは年会費有料の方が、お得度が高いのでおすすめという意見もあります。
年会費有料クレジットカードはポイントが高い、保険が付いているなど、さまざまな付加価値があるためです。
年会費以上のお得となるので、年会費有料でも損はしないというわけです。
しかし学生の場合は、やはり年会費無料クレジットカードがおすすめとなるでしょう。
学生はそれほど高額な買い物はしないかと思われます。
クレジットカードを使うとしても、毎月何十万円も使うということはないでしょう。
学生のクレジットカードは利用限度額も10万円程度と低いですし、高額利用をしたくてもできない…という面もあります。
クレジットカードの利用金額がそれほど高くなければ、年会費以上のお得を受けるのは難しくなります。
ポイント還元率が高いクレジットーどでも、年会費以上のポイントを獲得できるほど使わない可能性が高いでしょう。
それなら学生には年会費無料クレジットカードの方が、お得でおすすめとなるのです。

年会費無料クレジットカードを選ぶさいに、注意をしたいのは永年年会費無料を選ぶということです。
クレジットカードには初年度年会費無料、条件付年会費無料というもものあります。
初年度年会費無料は、年会費無料なのは入会初年度のみです。
翌年度からは設定された年会費を支払わなければなりません。
条件付年会費無料は年に○円以上使う、年に○回以上使うといった条件をクリアすると、翌年度の年会費が無料になるクレジットカードです。
「年に1回以上使う」など学生でもカンタンにクリアできる条件なら良いのですが、「年に50万円以上使う」などとなるとクレジットカードの利用金額が低い学生には条件クリアは難しくなってしまいます。
使い方によっては年会費無料で使えないケースもありますので、注意をするのがおすすめです。
学生にはどんな使い方をしても年会費がかからない、永年年会費無料クレジットカードの方がおすすめとなるでしょう。

■学生は還元率が高いクレジットカードがおすすめ

人気が高いクレジットカードに共通するのは、ポイント還元率が高いという点です。
クレジットカードのポイントは、現金と同じ価値があるものです。
ためればためるほどお得になるので、還元率は低いより断然高いクレジットカードがおすすめとなります。
学生が持つクレジットカードも、還元率が高いクレジットカードがおすすめです。

とはいっても、どのくらいの還元率だと高いの?と思う学生も多いでしょう。
クレジットカードのポイントシステムはそれぞれに違い、わかりにくかったりします。
比較をしたくても、どうしらた良いの?となりがちです。
クレジットカードの還元率は、1.0%を基準にするのがおすすめです。
1.0%以下なら低い、1.0%以上なら高いと判断して良いといえます。
1.0%以上の還元率となるクレジットカードを選ぶのがおすすめになるでしょう。
0.5%のクレジットカードは、低すぎとなりますね。

銀行系や信販系など、歴史のある発行元のクレジットカードは、基本的に0.5%の還元率となることが多いです。
還元率は高い部類には入りません。
それなら学生にはおすすめのクレジットカードではない…と、判断するのはまだ早いです。
基本的に0.5%であってもクレジットカードの種類によっては、ポイント2倍、3倍となる場合もあるためです。
特に学生向けクレジットカードは、ポイント優遇があるクレジットカードが多くおすすめです。
例えば銀行系の三井住友VISAカードが発行する、18歳から25歳向けのデビュープラスカードがあります。
三井住友VISAカードの基本的なポイント還元率は、0.5%になります。
しかしデビュープラスはいつでもポイント2倍となり、還元率1.0%で使うことができます。
しかも入会後3か月間はポイント5倍となりますので、還元率は2.5%です。
ポイント還元率が高く、学生にはおすすめのクレジットカードです。

クレジットカードのポイントは、家電などの商品と交換したり、ギフト券などと交換できたりします。
家電などの商品と交換するのは、あまりおすすめではありません。
交換レートが低くなってしまいますので、ギフト券との交換の方がお得でおすすめです。
また楽天スーパーポイントやTポイントなど共通ポイントに交換をすれば、現金の代わりに使うこともできます。
ネットショッピングやコンビニでも使える共通ポイントは、学生には使いやすいでしょう。
学生にはおすすめのポイント交換先です。

■学生は審査通過しやすいクレジットカードがおすすめ

クレジットカードのデメリットは、審査通過をしないと持てないことでしょう。
審査があるので申込をすれば絶対に所有できるというものではないのです。

学生には審査に通りやすいクレジットカードがおすすめです。
学生はクレジットカード審査には、通りにくい属性です。
学生は仕事を持っているわけではなく、高収入があるというわけではありません。
返済能力が高い学生はほとんどいないと思われるため、クレジットカード審査は通りにくいのです。
クレジットカードによっては、学生は申込みできないものもあります。

ただ学生向けクレジットカードでは、事情がかわります。
学生向けクレジットカードは、学生を基準にした審査方法です。
アルバイトをしておらず収入がないのも、返済能力がないのも想定内です。
そのため学生でも、審査に通りやすくなっているのです。
審査に通りやすい学生向けクレジットカードは、おすすめと言えるでしょう。

学生向けクレジットカードは、よほどのことがない限り学生なら審査通過できると思われます。
審査落ちしてしまうのは、以下のような問題が考えられます。

・ブラックリスト入りしている
個人信用情報に金融事故があると、ブラックとして扱われます。
クレジットカードやローンの返済遅延を起こした記録があると、ブラックです。
クレジットカードを初めて作る場合はブラックなんてあり得ないと思いますが、実は違います。
学生で多いのは、携帯電話料金の未払いによるブラックです。
スマホの2年契約は割賦契約となり、支払い状況が個人信用情報に記録されます。
そのため携帯電話料金を滞納すると、ブラックになってしまうのです。
携帯電話料金を滞納したことがある、滞納しているといった学生は、クレジットカードが作れない可能性が高くなります。

・消費者金融を利用している
消費者金融と契約をしている学生は、少なくないと言われています。
テレビCMなんかも良く流れており、お金を借りることに抵抗がない学生が増えてきたためのようです。
少額を借り完済もしているのであれば、クレジットカードは発行できるでしょう。
しかし借入件数が多い、借入金額が多く現在も返済中…といった学生は、返済能力が低く学生向けクレジットカードでも審査落ちすることが多いでしょう。
消費者金融での借入がある学生は、完済してしまってからクレジットカードに申込みをするのがおすすめです。
消費者金融との契約を解除してから申込をするのは、よりおすすめです。

■学生は旅行保険付帯のクレジットカードがおすすめ

卒業旅行、留学などで、海外に行く機会が多いのが学生です。
海外に行く場合は、海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードには、旅行保険が付帯しているものがあります。
国内旅行保険は国内旅行時を補償、海外旅行保険は海外旅行時を補償します。
クレジットカードによっては、両方付帯、いずれかが付帯、全く付帯しないものがあります。
国内旅行保険は、それほど重要ではないでしょう。
ないよりは付帯していた方がおすすめではありますが、健康保険があるので国内での治療費はそれほど高額にならないためです。
ちょっとした治療であれば、何十万円も請求される…といった心配はありません。

一方海外では、高額な治療費を請求されてしまいます。
注射をしただけで何万円、簡単な手術をしたなんて場合は、何百万円の請求になることもあります。
これを実費で負担するのは大変ですよね。
ましてや学生はそれほどお金に余裕があるとは思えません。
治療費のために親に借りたり、消費者金融から借金をしなけばならなくなるでしょう。
海外旅行保険が付帯するクレジットカードがあれば、海外渡航時の治療費を補償してもらえます。
そのため海外に行くときは、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめというわけなのです。

クレジットカードの海外旅行保険は、それぞれで内容が設定されています。
補償金額などは異なりますので、確認しておくのがおすすめです。
このとき注目したいのは、最高補償金額ではなく疾病や傷害の治療費です。
死亡・後遺傷害よりも、治療費の請求をするケースの方が多いためです。

またクレジットカードの海外旅行保険は、利用付帯と自動付帯があります。
利用付帯はクレジットカードで旅行代金を支払うことで、補償を受けることができます。
自動付帯はクレジットカード利用の有無にかかわらず、会員であれば補償を受けられます。
持っているだけで補償がされますので、利用付帯より自動付帯となるクレジットカードの方がおすすめです。

クレジットカードの海外旅行保険の疾病や傷害保険金は、複数のクレジットカードで合算することができます。
Aのクレジットカードで100万円、Bのクレジットカードで200万円の場合、合計300万円まで補償を受けられるのです。
なので海外旅行保険が付帯するクレジットカードを、複数枚持つのがおすすめとなります。
学生でも2枚、3枚くらいなら、複数のクレジットカードを発行することは可能です。